420_9ad9b800a5b825a8cd643242b1708f6d





台北に住むのは簡単なことではない。ネットユーザーが591租屋網(台湾の賃貸サイト)で珍しい物件を発見した。この物件は師範大学に近く、部屋の造りは整っていて、日当たりがよく、親切な大家さんがエアコンまで付けて来れて、家賃はたったの5000元(18000円程度)、そのうえ電気代は一度で6元という(台湾の電気代の数え方)。この好条件の物件がネットユーザーによって発見されると、情報は瞬く間に拡散された。

しかし、じっくり見てみるとこの物件、なんとアパートのベランダ部分のみのようだ。これを見たネットユーザーは口を揃えて「これで5000元!?」と驚きを隠せない。

大家さんのコメント欄には、“この部屋は「ベランダ部屋」であり、アパートの4階に位置します。大きさは約4坪で、Fi-Wi、水、ガス代はタダ。近所には大手カフェチェーン店やルーローハン店、ステーキ屋さんがあり、駐車場も別途費用を払っていただくことで利用できます。”とある。

なお、この物件についてより詳しく理解するため何度か電話をかけたが流れるのは機械の音声のみ。しばらくは大家さんからの電話はもらえなさそうだ。


元記事:最狂雅房94這間! 月租5千元卻讓你住這裡
 





ゴダ「どこでもいいから安く都心に住みたい方がいたら今がチャンスですよ!“5000元でベランダに住んだのは日本人だった!”みたいな見出しで台湾メディアを騒がせてしまうかもしれませんがw」