wZpeCkISE4FY2dV1490192483_1490192549


覚えている人はあまりいないだろうが、わたしは2017年2月12日で31歳になった。

31歳といえばアレだ。台湾ワーホリがちょうどできなくなった歳だ。

台湾は30歳364日目までの日本人に対しワーホリVISAを発給しており、つい先月まではわたしもその対象だった。

でもうっかりそのことを忘れており、あっさり2月6日くらいに日本を出て台湾に到着。

最初は「旅行者として90日滞在できるんだから全然問題ないじゃん」と思っていた。

もちろん台湾はビザランができる国なのでそれも可能だ。


※ビザラン・・・ビザがないのに国を出たり入ったりしてずっと一つの国に滞在すること。 タイなど一部の国はビザランに超厳しい。


でも台湾は島国が故に飛行機で出国しなければならず、90日ごとにそれを繰り返していると交通費が高くついてしまう。

かくゆうわたしも4月末で90日を過ぎてしまうため、いったん日本に帰る予定だ。

しかし後悔が常につきまとう。

2月の誕生日前に日本の台湾大使館でワーホリを申し込んでタラ・・・

さらに言うと、会社員だった時にもっと貯金してレバ・・・

おっと、イカンイカン。

ビザの悩みとは全然関係ない貯金の事まで考えてしまっているではないか。

タラレバ話なんてしてもいいことなんて全くないので、日本での短い短いステイを楽しもうかと思う。

まずは熱海に行って友達を訪問しよう。

建設的な未来のことを考えるようにしたゴダだった。