MKJ_syunsetunocyouchin-thumb-autox1600-13683
英語は依然として重要なのはわかるんですけど、最近は「中国語もアツい!」という話もよく聞きますよね。

で、中には僕みたいなちょっと変わった人もいて、英語を飛ばして直接中国語を勉強しようと考えてる人もいると思うんですよ。

でも実際のところ、中国語でも大丈夫なのか?と不安に感じることもあるでしょう。

「なんだかんだ英語は地球語だし、やっぱり英語の方が便利なんじゃないか」ってね。

そこで今回は、僕が実際中国語と英語を勉強して、仕事でも使って、「中国語いいじゃん!」と思った理由を述べていきます。

この記事が、これから中国語を勉強しようとしている人や、英語をすっ飛ばして中国語をやろうとしている人の参考になることを望んでおります。 



■中国語いいじゃん!① 求人あるよ

これは誰もが気にするところだと思うんですけどね、

「結局中国語勉強して仕事がなかったら意味ないじゃん」

ということですよね。

僕は台湾移住して海外で仕事をするために中国語を勉強したので、日本での中国語の求人数に関してはあまり意識してませんでしたが、中国語を使う求人は意外に多いみたいですね。

今リクナビ(転職サイト)のフリーワードで「英語」って入れると979件が引っかかりましたが、「中国語」って入れると165件出てきました。

もちろん、この求人のすべてが中国語を使う仕事ではないかもしれませんが、学習者数の割には求人数多いな〜と思います。

あと、「日本語ができる中国人がたくさんいるから、そういう人を雇えばいいじゃん!」って意見も分かりますが、仕事によっては日本語がネイティブじゃないとダメな場合もあるし、それは仕事内容によるんじゃないですかね?

台湾での現地採用では、日本語ネイティブを欲してるケースが多かったので、日本人が中国語できるのはだいぶ有利な感じでした。

まあ結局、できるにこしたことないってわけですね。



■中国語いいじゃん!② 友達できるよ

去年デンマークに留学に行って思ったんですけど、欧米に留学しても、結局アジア人はアジア人同士で固まっちゃいませんか?

しかも帰国してからもアジアなら行きやすいし簡単に会えるじゃないですか。

だから僕的には、いきなり中国語やってもいいんじゃないかって思うんですよ。

いや、もちろん韓国人やフィリピン人やタイ人とは英語じゃないと会話できないですから、すべてを包括してるのは英語なんですけど、アジアでなら中国語使える国も多いし、まんざら悪い選択でもない気がするんですよね。

まあ、もちろん英語勉強すればそれで誰とでも話せるようになるんで一発解決なんですけどね。

僕みたいに特別アジアが好きだったり、中華が好きだったりした場合は、いきなり中国語をやるのでも全然いいと思います。



■中国語いいじゃん!③ 実は中国語は英語より簡単


実は中国語は英語より簡単なんです。

よく、英語の方が簡単とかいう人がいるけど、それはその人が英語ばっかり勉強してて中国語はちょっとしか勉強してないからそう感じるだけで、同じくらいの時間かけて同じくらいの熱量を持ってやれば、中国語の方が簡単ってことに気づくはずですよ。

例えば、英語でいきなりtadpoleとか言われても、その単語を知らなければ「何言ってんのこいつ」ってなるじゃないですか。

でも中国語で文件って言われて、食べ物に関する単語だとは思いませんよね。

これは結局我々が漢字知ってるから言えることなんですけど、日本人にとっては中国語の方が絶対に楽ですよ。

しかも専門用語になれば日本語からの借用語もあったりして単語覚える必要がなかったりするし。

文法もシンプルで、英語より全然楽だと思うんだけどな・・・。



 ■中国語いいじゃん!④ なんだかんだ、アジアの時代じゃね?


もうこれは確定事項なんですけど、 21世紀ってアジアの時代じゃね?

もうこれ以上語ることはないですよね。

要するに21世紀はアジアの時代なんですよ。



■中国語いいじゃん!⑤ 留学コスト低くね!?

中国語留学のコストってめっちゃ低いんですよ。

これは台湾とか中国の物価がまだまだ日本より低いからそうなってるんですけど、僕なんて150万円で2年弱くらい台湾で留学してましたからね。

まあ、今はワーホリとかフィリピンとか、デンマークっていう裏技もあるんで一概には言えないんですけどね、中国語留学は依然としてコスパ高いんですよ。



■最後に

欧米じゃないとダメという人は別なんですけど、今英語と中国語で迷ってる人は、中国語を選んでも全然損しないと思います。

まあ、最終的には自分がどうなりたいかなので、それは自分の夢に沿って決めることなんでしょうが、一般的には、将来性から見てもコストから見ても、中国語は全然ありでしょう。

でもまあ話は戻りますが、一番大切なのは自分が志をもってるかどうかなんでしょうね。

日中関係を変えるとか、 日本の良さを海外に伝えるとか、そういう意志があると有意義なんでしょうね。

まあ、最初は意志がなくてもダラダラ勉強してるうちに「結果的に誰かの役に立ってる」みたいなことも人生ではよくあるので、これも一概には言えないんですけどね〜

もうね、どっちでもいいんですよ!英語でも中国語でも!

タイ語でもロシア語でも全然いいと思いますよ。

動きまくることが一番大切なのかなーと思います。僕も頑張らねば。

では、今回はこの辺で。