先日、新たな住居を探すために、台中からはるばる一泊二日で台北に行ってきました。

結果として、又しても台北市内ではなく新北市内に家を見つけることができて一安心しました。

新たな家を探す経過についてはまた別の記事でご紹介するとして、今回は台北で泊まったホステルについてご紹介させていただきます。


 
■今回台北で泊まったホステル

玩客棧
 20170203_164950
ホステルの受付

というわけで「玩客棧」という名のホステルに泊まってきました。

ジュエンと二人で泊まると一人470元(約1692円)という驚きの安さでした。

普通、一人だと600元程度ですが、これでも台北の相場から言うとやすい方だと思います。

場所は台北MRT松江南京駅から歩いて5分くらいにあり、三和大楼というビルの7階にありました。


10457 台湾 Taipei City, Zhongshan District, 南京東路2段11號7樓


ちなみに、向かって右隣がセブンイレブンになっているため見つけやすいです↓
20170203_165244
ビルの入り口はこんな感じです↓
20170203_165308
でっかく「三和ビル」と書いてあるので見つけやすいです↓
20170203_165249
周囲は栄えていて、コンビニ、日本料理屋、飲み屋、各国料理、家電屋さんなどなど、いろんな店がありました↓
20170203_165424

■設備

・ベッド
20170203_164629
二人で一部屋(一空間?)のタイプに宿泊しました。

割と広くて、窮屈さを全く感じませんでした。でっかいカプセルホテル見たいな感じでしょうか。

また、内装はかなり新しくて、掃除も行き届いていました。
20170203_164636
テレビもあります。
20170203_164601
こんな感じで各ベッドに仕切りも付いているので、プライベートも確保することができます。

・レセプション
20170203_164950
広々とした空間で、みんなソファに座りながらパソコンとかやってました。(フリーワイファイも早い)
20170203_165001
キッチンもあり、誰でも使えます。
20170203_165104
パソコンも無料で使えます。
20170204_104111
スーツケースなど大きな荷物はレセプション付近に置くことができます。

もちろん、自室にも鍵付きの大きなロッカーがありますし、ベッドの空間にも小さい物なら置くことができました。収納が多くて便利なホステルでした。


・洗面所

当然ですが、トイレもシャワールームも男女別でした。
20170204_104045
トイレは海外では珍しくウォシュレットがあるタイプのものでした。

20170204_104055
ドライヤーも完備です。

しかも男子の洗面所だけで10くらいドライヤーがありました。

こんな感じ↓
20170203_164929
ドライヤー使い放題ですやん・・・
20170203_164907
シャワールームはこんな感じ。

相変わらずめちゃめちゃ綺麗です。
20170203_164916
ちなみにここのシャワールームには、シャンプーとボディソープが完備されています。

私も安いホステルに泊まってシャンプーがない経験が多いので、これはありがたかったです。


■まとめ

今回は台北で泊まった安ホステルの情報でした。

私は他のお客さんとの交流もできるし、ドミトリータイプのこういうホステルが好きで積極的に泊まっちゃいますが、中には抵抗があると言う人もいると思います。

でも、台北にあるホステルは基本的に安くて清潔で立地がいいので、かなりお勧めです。

北欧やイギリスをはじめとするヨーロッパは物価が高いので、安くて立地がいいホステルに泊まろうとすると、ボロかったり不潔だったりします。てゆうかそう言うホステルに泊まりまくってうんざりしました。

過去にも台湾のホステルについて記事を書いているので、興味があったら読んでくださいね。



■基本データ

最寄駅 : 台北MRT松江南京駅
アドレス: 
10457 台湾 Taipei City, Zhongshan District, 南京東路2段11號7樓
URL  : http://www.liduohostel.com.tw(日本語サイトあり)
予約  : 上のホームページから。もしくはbooking.comから。