今回は名古屋で行った台湾料理屋を紹介する。

この店は東京、大阪、富山にもあるので、近い方はぜひ行ってみてほしい。

では、店の様子をさっそく以下でレポート!

▼関連記事
名古屋名物・台湾ラーメンから考える日台友好


▼Twitterでゴダをフォロー!
https://twitter.com/oogoda1 



■名古屋大須にある「李さんの台湾名物屋台」
img_header_01
名古屋の大須には「李さんの台湾名物屋台」という店がある。

その名の通り、台湾屋台料理を食べることができる店だ。

数年前に台湾風から揚げやタピオカミルクティーがヒットし、今では名古屋大須のちょっとした名物店になっている。

今回ジュエンに「李さんの台湾名物屋台」の話をしたところ、かなり興味を示した。

以下がその経緯↓↓

私「名古屋に台湾人が経営してる有名なお店があるんだよ。」

ジュエン「ドウイウ店?」

私「台湾風から揚げとかタピオカミルクティーとか売ってるんだ。」

ジュエン「台湾ト同ジ味カドウカ、チェックスル!(`・ω・´)」

私「でもせっかく名古屋に行くんだし名古屋のもの食べようよ('ω')ノ」

ジュエン「名古屋の台湾料理食ベテミタイ!」


とまあ、こんな流れでジュエンを連れて行く羽目になった連れて行くことになった。




▼公式サイトのURL
http://www.lees-taiwan-kitchen.com/shop.html

※公式サイトによると東京、大阪、富山にも支店がある。


▼名古屋大須店(本店)に行ってきた
1440995226151
大須商店街の中でも一際目立つ店構え。

店の前に猿の社長の人形があり、その下にでっかく「I LOVE 台湾」と書いてある。

また、大音量で中国語の歌(ジョリン・ツァイとか姐姐とか、台湾の流行曲)が流れてる。

この通りすごく目立つため、どこに店があるかが一発で分かる(笑)


▼全然関係ないけど、隣にはたこ焼き屋さんがあった
1440995238576
ここもめちゃめちゃお客さんが多かった・・・

きっとけっこう美味しいんだろうな。

次帰った時にまた行ってみよーっと。


▼メニュー表
1440995232683
私とジュエンは一番左上の台湾から揚げをオーダーした。
 
果たしてこのから揚げは台湾の味と同じなのだろうか!?



▼ついにGET!
1440995246136
私たちの前に10組も並んでいた。

だいたい10分は並んだかな。

李さん・・・日本でめちゃめちゃ稼いでますやん。


▼から揚げズーム
1440995250185
第一印象は・・・

ホクホクのいいニオイ。

見た目も美味しそう。


この値段(500円)で大きいから揚げが6個~7個入ってる。

値段は悪くないかな?

それからそれから、肝心の味のほうは・・・?

サクッ・・・!

ムシャムシャ・・・!

ゴックン・・・!



※ごめんなさい、本当は「ドピュ」の音はしませんでした。

お!

ころもはパリパリ、肉はジューシー。

これはなかなか美味しいゾ!


ほら、ジュエンも食べてごらん!

ジュエン「ウマイ!ダケド・・・」

だけど?

ジュエン「全然台湾ノ味ジャナイ!日本風ニアレンジシテアル!」

うむ。

確かにこんなから揚げ、台湾で食べたことない。

美味しいんだけど、やっぱり日本の味だ。

例えて言うと・・・そうだなぁ・・・

居酒屋のから揚げみたいな味って言えば分かりやすいかな?

台湾との違いを説明するのは難しいけど、ころもの味付けがまず違う。

更に言うと、台湾の場合は黒コショウをかけてバジルと一緒に食べるのが一般的。

とにかくいろいろ違うのだ。


■まとめ

現地風に味をアレンジするというのは、飲食業界での成功の鉄則だろう。

だから李さんの台湾屋台の味が台湾と違ったことに関しては、なんの驚きもない。

むしろ当然の結果だと言えよう。 

そして、実は日本企業も台湾で味をアレンジしていたりする。

その代表格が吉野家だ。

いろんな野菜がのってたりする(笑)

けっこう日本と違って面白いので、台湾の吉野家に興味がある方は次台湾に来た時にトライしてみて下さいね(∩´∀`)∩

※ちなみに私は美味しそうに見えないのでトライしたことがない(笑)