台湾ニュースを日々チェックしている方はご存知だろうが、現在台湾南部でデング熱が流行っている。

先月デング熱のことを紹介したばかりなので、このタイムリーさにけっこう驚いている。


▼参考資料
絶対に遭遇したくない台湾の危険生物9 -小黒蚊、デング熱、火蟻、虎頭蜂、毒蛇-


また私個人の話になるが、南部には私の友人も多い。

南部の友人たちが無事かどうかが心配だ。


みなさんも南部に行く予定がある場合は警戒していただきたい。

▼Twitterでゴダをフォロー!
https://twitter.com/oogoda1 



■ニュース詳細

高雄のわりと街中、文藻外語学院の近所の公園が危ないらしい。

<サイトの日本語訳>
台南市でデング熱が猛威をふるっている。高雄市では昨日までで326のデング熱発病の報告があ
り、愛河沿いの数ヘクタールの範囲に及ぶ獅湖公園においては20日間の間に35もの報告例があった。これに対し高雄市政府は、即日で獅湖公園を閉鎖する対策を打ち出し、デング熱の拡散を阻止する動きに出た。

<サイトの中国語原文>
台南市登革熱疫情嚴重,高雄市至昨也有326例本土登革熱病例,沿愛河沿岸佔地數公頃的獅湖公園,在20天內,鄰近區里竟已新增35起病例,高市府為此破天荒祭出,即日起封閉獅湖公園的鐵腕措施,以期阻止疫情擴散。 


引用元:http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/life/20150823/676169/


■デング熱ってどのくらい危ないの?

高温がずっと続き、病院で適切な処置をしなければ、稀に死亡することもあるらしい。

今回は感染者が多いということもあり、既に二名死者が出ているらしい。

マラリアに比べると死亡率はぐっと低いが、油断はできない。

※死亡率0.1%というデータもある。


■台湾人の反応を翻訳してみた

1.台湾人の反応を翻訳してみた
病気がもう台南まで北上してきてるんだな。外にある全ての貯水器を綺麗にしない限り蚊を撲滅するのは無理だろう。陳菊(※1)はいろいろ市民の機嫌をとっていろいろ作ったり(※2)してるけど、最後は子孫に借金を残すんだよ。借金してみんなにごちそうしてさ。市民はみんなもっと未来のことを長い目で見た方がいいよ。

※1「陳菊」:現任の高雄市長。女性。「あたしンち」のママに似ている。
※2「いろいろ作ったり」:高雄市図書館を建設したことを言っているのかもしれない。

 

2.台湾人の反応を翻訳してみた

ナミアムダブツ。 


3.台湾人の反応を翻訳してみた
陳菊は何してるんだ?ちゃんと出てきて対応してくれよ。

※高雄市長は現時点でまだちゃんとした対策をとっていない模様。


4.台湾人の反応を翻訳してみた
陳菊は冷房の効いた部屋で寝てるんだろ。高雄死んじまえよ!


5.台湾人の反応を翻訳してみた
>4 てめえが冷房の効いた部屋でネットしてんだろ。


以下、延々と罵り合いが続く・・・


今回翻訳していて気づいたことがある。

それは、デング熱の流行に対し、8月23日時点で高雄市長は具体的な対策をとっていないということだ。

そしてそんな高雄市長に対し、台湾人は不満を抱いている様子。

しかし勘違いしないでいただきたい。

この陳菊という高雄市長、支持率はいつも異様に高いのだ。

聞いて驚くなかれ、毎期70%以上の支持率をキープしている人気市長なのだ。

また、私個人も陳菊はよくやっていると思う。

市民の期待を裏切らないよう、今回もいい動きを見せてほしいものだ。

 
■最後に

実は南部では定期的にデング熱が流行る。

以前の記事にも書いたが、私が高雄に住んでいた頃、中山大学の学内で学生がデング熱を発症したことがある。

数年に一回程度の流行だしそこまで敏感になることはないが、現在は特に危険なため、南部に行く場合には十分にご注意いただきたい。