どうも!

今日(5月1日)は台湾は祝日(労働節)で仕事がお休みだったので、朝から台湾師範大学の中国語センター(華語中心)に行ってきました!

私は台湾師範大学に在籍したことがないのですが、学生や生徒など数人知り合いがおり、台湾師範大学の話をよく耳にします。

私の知っている情報をまとめていきますので、台湾留学の参考になれば嬉しいです!


▼高雄の中山大学についての記事もどうぞ

【台湾高雄・中山大学を選んだ本当の理由】 なぜ文藻や高雄師範大学ではないのか?

台湾国立中山大学の中国語センターってどんなところ?雰囲気、申し込み方から授業の内容まで、説明いたします!


▼Twitterでゴダをフォロー!
 https://twitter.com/oogoda1 

■台湾師範大学・中国語センター
DSC_1072
朝からテンション低めの表情・・・(笑)

台湾師範大学を取材してまいりました!


▼台湾師範大学のサイト
http://mtc.ntnu.edu.tw/mtcweb/index.php?lang=jp

日本語サイトです。
学費や細かいことは全てここで調べることができます。

台湾師範大学の簡単な紹介
教育、文、理、芸術、科技、運動とレジャー、国際と僑は、音楽などの8つの学院(学部)と28の学科、24の単独の設置の研究所(大学院)を設け、中等教育を担当する教員育成に主眼を置いているが、外国人留学生を対象にした中国語教育機関である国語教学中心も設置されている。

引用:Wikipedia

台湾師範大学は台湾を代表する教育大学です。そして留学生は大学付属の中国語センターで中国語を学ぶことになります。

ここの中国語センターの規模は台湾No.1で、常に約1400名ほどの学生が在籍しています。

そのうち日本人は400名程度とのことです。


▼中国語学習の教材についてまとめた記事はコチラ
台湾で私が使っている中国語学習おすすめ教材3つ+α


▼キャンパス周辺

DSC_1085
 和平路と師大路の交差点です。

このあたりは休日も学生ばかり。

というのも、師範大学の学生寮も近くにあるので、常に学生がいて活気があります。

そのため、ちょっと路地裏に行ったりするとカフェがあったり安い食堂があったりして、学生街となっています。

非常に生活しやすそうな雰囲気です。


▼キャンパス内に入っていきましょう!
DSC_1073
キャンパスは小さいです。

端から端まで歩いて2分かからないくらいの大きさです。

▼これが中国語センターのある建物です!
DSC_1075
入って左側にある建物が中国語センターのビルです。

このビルの上層階が中国語センターになっていて、その他は翻訳の研究室などが入っています。

言語学専門の棟です。

ちなみにこのあたりは言語学専門の棟というだけあって、外国人がたくさんいます。

他の大学の中国語センターもそうなのですが、歩いてるだけでいろんな言語を耳にするので、雰囲気はとってもインターナショナルです。

海外留学って感じでワクワクするね!!!

▼中国語センターに入ってみました!!
DSC_1063
ビルの中は吹き抜けになっています。

一つの教室につき学生の数は6~10人ほど。

少人数だからこそ、会話力が伸びる。

「個人班」というマンツーマンの授業や、「密集班」という授業の進度が早い授業もあり、必要に合わせて授業のタイプを選択することができます。


▼キャンパス内は禁煙です
DSC_1070
キャンパス内が禁煙なのはよくあることなのですが、喫煙スペースがなかったような気がします。

これについては要確認です。

師範大学に在籍している学生たちはどこでタバコを吸っているんだろう?

特に外国人はタバコを吸う人が多いので、どこかに必ず喫煙できる場所があるはずです。


▼レンタサイクル「you bike」があります。

DSC_1071

▼学内にはサイゼリアもあります。
DSC_1078
サイゼリアは日本企業ですね。

日本人にとって馴染み深い味があるのはありがたいですね。

私も何度かここのサイゼリアを利用しましたが、味もサービスもほとんど日本と同じでした。

ちなみに、価格も日本と同じくらいでした。

だから、師範大学近辺の他のローカルな食堂に比べたら、少し割高に感じるかもしれません。


▼学内のパン屋さん
DSC_1079
台湾のパン屋さんのパンってけっこうおいしいんです。

中には明太子フランスパンのような日本の影響を受けた商品もあったりします。

上のサイゼリアもそうなのですが、日本の味がたくさんあるのはありがたいことですよね。

▼もちろんコンビニ(Hi Life)だってあります。
DSC_1081

▼ファーストフード店(21世紀風味館)もあります。
DSC_1083

DSC_1082

■キャンパス前の通り「師大路」

▼郵便局とコンビニ

DSC_1089

▼ATMでお金をおろす台湾女子を盗撮してみました(笑)
DSC_1088

▼師大路にはコンビニもたくさんあります。
DSC_1093

▼ここのスタバで中国語を勉強している外国人もたくさんいました。
DSC_1094
所在地:台北市大安区師大路74路

ここのスタバにいる若者は師範大学の学生が多そうです。

日本人がいるのもよく目にしますので、おそらく中国語センターの学生さんでしょうね。

台湾人との言語交換の場としてよく利用されているイメージです。

かくゆう私もよくここで勉強したりブログを書いたりしています。

ただ、一つだけ注意していただきたいのが、ここの地下の席は電波がないということです。

ですので、地上席が人気あって、よく混んでたりします。

■台湾師範大学が選ばれる理由

規模の大きさは台湾一です。

教師の層が厚く、経験豊富な教師がたくさんいると聞きます。

また、台湾一の中国語センターであるため、ネット上の情報が豊富です。

だから日本人は安心してここを選ぶのかもしれませんね。

(他の小さな中国語センターの情報は少なく、謎が多いので、教師の質や授業の雰囲気がつかみにくい)

ただ、高雄の国立大学に在籍していた私の経験や、他の大学に在籍していた友人の話を聞くと、他の中国語センターもなかなか悪くありません。

特に、北部なら台湾大学、南部なら成功大学・中山大学あたりの中国語センターは悪くないみたいです。

それぞれのセンターの学費や授業の進め方が違ったりするので、そのあたりはしっかり調べる必要がありますね。

とりあえず当ブログには高雄の中山大学に関する情報が多いため、興味がある方は当ブログを読んで高雄留学も検討してみてください。

参考記事
高雄関連の記事まとめ


■台湾留学前にオンライン教室で中国語に慣れよう!

留学前はちゃんと台湾でやっていけるかすごく不安ですよね。

そして、中でも一番大きな不安要素はやっぱり語学力だと思います。

中国語を勉強するために台湾に行くわけですし、今、中国語ができないのは当然です。

だけど、ちょっとでも日本で中国語に慣れておきたい。

そんな人にオススメなのが、speakmandarinのオンライン中国語教室です↓



私が台湾留学を始める前は、日本でテキストを買って自分でちょっと勉強しただけでした。

もちろん、ネイティブと中国語会話なんてしたことがありませんでした。

そんな状態でいきなり台湾留学を始めたので、最初はめちゃめちゃ苦労しました。

レストランで食事を頼もうにも、発音が悪くて通じないし、もう何もかもが大変だったのを覚えています。

私が留学をしたのは6年以上前の話ですが、あの頃はオンライン中国語なんて知らなかったし、日本にいる時からオンラインで中国語を話していれば、台湾に来てからの勉強のスピードはもっと早かったと思います。

本当にちょっと後悔しているというか、あの頃にもっと色々自分で調べて早めに動いておけばよかったなぁ・・・。

でも、speakmandarinならオンラインですし、仕事が忙しくても、日本にいながらにして生の中国語に触れられます。留学前の人には本当にもってこいです。

また、speakmandarinなら最初に無料体験ができるので、合わないと思ったらやめればいいし、とても気軽です。

今のうちに基礎を固めて、現地でロケットスタートしたい人向けに、かなりオススメのオンライン中国語教室です^ ^