※2017年3月更新

今回は真面目に語学学校の話をしよう。

私は過去に高雄の中山大学に1年9か月住んでいた。

台湾南部の情報が少ない中でこのブログが皆さんの貴重な情報となることを願う。

私が高雄の中山大学に留学を決めた理由は単純だった。

もともといた台湾人の友人の中に南部人が多かったからだ。



■中山大学のある高雄市ってどういうところ?


高雄市は台湾南部の港町。

台湾第二の都市であり、北部とは違った雰囲気がある。



高雄市は山も海も近くて、都市的な便利さがありつつも、ゆったりと過ごせる素敵な町であった。
(この柴山という山には野生の猿が多く生息しており、のちのち人間のものを盗む猿と格闘をすることになる)



中央のビルは高雄の象徴「85ビル(中国語:八五大樓)」である。
美しいね!


かつては高雄港沿いのバナナ埠頭(中国語名:香蕉碼頭)にバーが集まるエリアがあり、週末は地元の台湾人や西洋人を中心ににぎわいを見せる場だった。

しかし高雄を離れた後に訪れたときは既にこの盛り場はなくなっていた。

何が起きたかは知らないが、ここは飲食店の入れ替わりが激しい台湾。

売り上げがよくなかったか、または高雄市の条例や方針が変わったのか、理由は分からないが、現在はなくなっている。

やはり高雄でゆっくり飲みたい時は、ホテル併設のバーか、五福四路上(最寄り駅:MRT鹽埕埔站)に点在する個人経営のバーに行くしかないかもしれない。

熱炒(台湾風居酒屋)は騒がしくて落ち着けないという人の選択肢はこれくらいしかないかもしれない。


■中山大学について

・高雄市の国立総合大学。経営学部(中国語:企管系)が有名。

・大学院は英語で授業を受けることができる国際的な環境。そのため、西洋人の留学生も多い。

・日本で言うと広島大学とか千葉大学みたいな印象。地方の優秀な国立大学。


■中山大学中国語センター

・サイト:中山大学 華語中心(日本語)

・所在地および電話番号、メールアドレス
Address:80424高雄市鼓山區蓮海路70號國立中山大學華語教學中心
Tel: +88675252000から3030/3031へ
Email: alfc@mail.nsysu.edu.tw


・中国語センターは3か月で一学期。

・学費は国外からの申し込みで26,700元。初学期の方は29,700元。(一学期)

・国内からの申し込みであれば25,245元。 初学期の方は28,050元。(一学期)

・学生数は約120名程。(台湾最大の台湾師範大学中国語センターは約1500名)

・フランス、ポーランド、パナマ、パラグアイの学生が多い印象(特に中南米は台湾と国交があるので)。

・アメリカ、ベトナム、韓国、タイも多かった(個人的印象) 

・アクセス
中山大学のある西子湾駅へは、高雄市中心部の美麗島駅からMRTで約8分で行ける。
西子湾駅から中山大学のトンネル入り口までは、臨海二路をまっすぐ山の方向へ歩いて約7分で着く 。
トンネルを過ぎたらそこは既にキャンパス内である。
華語中心(中国語センター)のある建物はトンネル超えてすぐである。


■学生生活

・語学留学生でも本科生の大学生と一緒に寮に住むことができる。(年齢、性別不問)

・本科生と同じように図書館には入場が可能。

・サークル参加可能。(私はバーベキューパーティだけ参加する幽霊部員として、ヨットサークルに所属していた。ヨットに乗ったことはない笑)

・大学は海に隣接しており、大学所有のプライベートビーチに入ることができる!

・猿が定期的に山から下りてくる。食べ物を奪う猿と学生の格闘は、まるで猿の惑星を見ているようであった。

・毒蛇がいるので山には入らないよう気を付けていただきたい。(定期的に駆除してる)

・本科生との言語交換制度あり。中国語センターで申し込むと、日本語を勉強したい台湾人学生を紹介してもらえる。


■教師および授業について

・期末テスト3、レポート3、宿題含む授業態度4の割合で成績をつける。

・月、水、金は文法と会話、火、木は会話の授業を行う。読み書きよりも、会話力に力を入れている。

・教師は常に15名以上在籍。女性が9割。

・規模は小さいけど、コンパクトで管理の行き届いた印象。中国語学習の悩みから生活の話まで、なんでも相談できる。

・中国語中級一のクラスを履修した学生は、台湾語を選択することもできる。

・ビジネス中国語等、上級クラスもある。



■中国語センター申し込み方法

私は日本から突然中国語センターのアドレスにメールした。(
alfc@mail.nsysu.edu.tw
職員の中には英語も日本語もできる人がいたので、コミュニケーションには困らない。 
ただし英語の方が通じやすいので、英語がベター。

※日本語でメールを送る場合、件名に「I’d like to apply to CLC」(中国語センターへの申し込みを希望)くらいは書いた方が、丁寧だと思う。



■どういうふうにメールしたらいいか分からない方へ


国籍、名前、日本での住所、留学希望の時期、これだけ書けば十分。

あとは入金や入学書類の提出方法など、メールで丁寧に教えてくれた。

私たちはお客さんなのであり、ビビることはない。

安心してメールしていい。



■その他の語学学校に関して


以下のリンク先に台湾の9つの語学学校の比較をまとめてみた。


【台湾語学留学】おすすめ中国語学校の比較と申請方法まとめ


台北4校、台中1校、台南1校、高雄3校を比較しているので、どの学校で勉強しようか迷っている方は是非参考にしていただきたい。




■台湾留学前にオンライン教室で中国語に慣れよう!

留学前はちゃんと台湾でやっていけるかすごく不安ですよね。

そして、中でも一番大きな不安要素はやっぱり語学力だと思います。

中国語を勉強するために台湾に行くわけですし、今、中国語ができないのは当然です。

だけど、ちょっとでも日本で中国語に慣れておきたい。

そんな人にオススメなのが、speakmandarinのオンライン中国語教室です↓

 

私が台湾留学を始める前は、日本でテキストを買って自分でちょっと勉強しただけでした。

もちろん、ネイティブと中国語会話なんてしたことがありませんでした。

そんな状態でいきなり台湾留学を始めたので、最初はめちゃめちゃ苦労しました。

レストランで食事を頼もうにも、発音が悪くて通じないし、もう何もかもが大変だったのを覚えています。

私が留学をしたのは6年以上前の話ですが、あの頃はオンライン中国語なんて知らなかったし、日本にいる時からオンラインで中国語を話していれば、台湾に来てからの勉強のスピードはもっと早かったと思います。

本当にちょっと後悔しているというか、あの頃にもっと色々自分で調べて早めに動いておけばよかったなぁ・・・。

でも、speakmandarinならオンラインですし、仕事が忙しくても、日本にいながらにして生の中国語に触れられます。留学前の人には本当にもってこいです。

また、speakmandarinなら最初に無料体験ができるので、合わないと思ったらやめればいいし、とても気軽です。

今のうちに基礎を固めて、現地でロケットスタートしたい人向けに、かなりオススメのオンライン中国語教室です^ ^